高級マントン・デ・マニラ ゴールド×多色刺繍

※クリックで拡大表示
型番 MTGR15-0369
販売価格 78,000円(税込84,240円)
在庫状況 1・のこりわずか!
購入数
ゴールドに多色の刺繍をほどこしたアンティーク風の一枚。
信頼のおける老舗メーカー”Bordados Foronda"社製の高級マントン。
びっしりと施された手刺繍でずしりと重みのあるハイクラスのマントンです。
本物思考の方、プロフェッショナルにおすすめの逸品。


サイズ:135cm×135cm フレコの長さ60cm
重さ:895g
材質:シルク


【マントンの選び方】
バイレ用マントンは対角線上で三角に折った状態が踊り手の両手を広げた大きさより
左右各10~20cm程長いものが最適とされています。
生地の厚み、刺繍の量、フレコの量により重さが異なり、価格もさまざまですが、
適度に重いものの方が扱い易く、さらに重いものは技術を要するため上級者に使われています。
対角線の方向は、しばらく使ったらもう一方の対角線へと替えて使うと型くずれを防ぎ
長く使えます。

フレコの部分は保管の状態ではシワになりやすいですが、水の霧吹きを掛けるとシワがとれます。

-----------------------------------
Manton de Manila(マントン・デ・マニラ)
-----------------------------------
フィリピンがスペインの植民地だった15世紀、中国南東部で生産された贅沢な刺繍を施した絹の
ショール”マントン”がマニラ港からスペインへと渡りました。
これにより”Manton de Manila(マントン・デ・マニラ)”マニラから来たマントンと呼ばれる
ようになりました。
その後スペインで、刺繍の種類はドラゴンや竹などのモチーフから花言葉の意味合いを含めた花や鳥
へととってかわり、房飾り(フレコ)が加えられました。
マントンは女性たち、特にセビージャの上流・中流階級の女性たちの間で大流行し、 肩に掛けて
その美しさを競ったそうです。

おすすめ商品